不釣り合い

モブウマ娘 それでも私は走る

自分の他のウマ娘すら見かけたことのないくらいの田舎、広大な北海道の片隅にてスペシャルウィークという名を掲げる少女は過ごしていた。
同じ道内といっても、そこは札幌やら富良野やら有名観光地があるような場所でもない。
あるのは、牛と農地と、木々ばかり。

だから、彼女は幼少から野山を駆けまわるのを楽しみとしていて、また夜が更けて来たところでお家に帰ってウマ娘のレースにライブやどうでしょうな道産子男子達の活躍などに親しむのが常だった。
そして、大切な育てのお母ちゃんと約束した、日本一のウマ娘になるという夢が彼女にはある。
ここのところそのお母ちゃんと共に行うトレーニングの強度を上げるようになったスペシャルウィークはめきめきと実力というものを身につけてきていて、その自覚もあった。
故に、お母ちゃんに知らない間に届け出を送られていたトレセン学園への転入にも怖じずに望んだのだ。

そう、スペシャルウィークは純真でやる気、才能に満ちあふれたウマ娘。
トレセン学園の門戸もそんな彼女のために容易く開き、数少ない同郷の歳離れた子どもたちだって一人ぼっちのウマ娘の将来の活躍を期待してやまなかったものである。

「スペ。あんた北って、ここから見てどっちか分かるかい?」
「えっと……上?」
「金はかかるけどこりゃ、一度、学園を下見に行かせといた方がいいかもね……」

しかし、そんな彼女には多少の苦手があった。
それは、地図が上手く読めずにまた方向感覚に難があるというところ。
此度お母ちゃんに教え込まれるまで、北といえば地図では大体上を示しているからと、北と言われて空を指さしてしまったくらいであるから、それは筋金入りだろう。
こうして、こう行くんだよ、と数時間かけて教わったスペシャルウィークは、冬休みを使って大都会憧れの東京、日本ウマ娘トレーニングセンター学園へと向かうことには成功した。

「ウマ娘さんたち凄かったなー……って、あれ? えっと、そういえば帰りって……」

しかし、休み中の人の少ない学園で遠くウマ娘達の走りをキラキラ望んでばかりいたスペシャルウィークも満足してから帰り道が分からないことに気付く。
そう、母ちゃんには行き方ばかりを教わっていて、つまり帰り方を教わり忘れた片手落ちであったのだ。
こういう時はどうすればいいんだっけ。
テレビで観たあの人達も東京とかに来てたけれど、サイコロを転がし悲喜こもごも色んなところをふらふらしてから、結局大体は運悪く帰れずじまいだった。
私には彼らみたいにお金も時間もそんなにないし、或いは導いてくれるかもしれないサイコロだって持っていない。
出来るなら誰かに尋ねたいところではあるが、そもそも周囲に駅前の人混みが嘘のように人気がなくて、冷たい風ばかりが吹いていた。

「大丈夫、かな……」

これはまずい、とスペシャルウィークも思う。とはいえ、上手に記憶を逆さに巡ることさえ出来れば帰路は自ずと見えてくるはず。
ただずっとこの学園広いなあとお上りさんらしくきょろきょろしてばかりいたため、記憶には正直なところ不安しかないけれども、やってみようと彼女は意気込んで。

「……どうしよう、誰もいない……帰り道はどっちだべー!」

彼女はうろ覚えでふらふらした結果、見覚えすらない道の真ん中で迷ったのだった。
日も落ち込んできて、そろそろ飛行機の時間的にもゆっくりしてはいられない頃合いだ。
まさか、このまま一日過ごす羽目になるのかと考えてしまう。
北海道育ちのスペシャルウィークにとって東京の冬の寒さは思ったより厳しくなかったけれども、流石に野宿可能な程ではない。
綺麗な芝の上で寝転びたい欲求はあるが、一晩中そうしていたら凍えてしまうことだろう。
慌てた彼女はどうしようどうしようと、訛り混じりで叫んだ。
勿論、それを拾ってくれるような相手なんていないと思っていたのだが。

「あの。貴女、どうかした?」

いつの間にこの子は近くまで来ていたのだろう。
とても心配そうな表情をした、愛らしい見目のウマ娘が首を傾げてこちらを見つめていたのだった。
彼女のくりくりとした瞳に、間抜けな表情をしたウマ娘が映っている。
それが自分だと知って、スペシャルウィークは顔を紅くしたのだった。

それが太陽のようなスペシャルウィークというウマ娘と曇天のような――――というウマ娘の出会い。

「私……頑張るね!」

そして彼女にとって――――はほとんどはじめて出会ったウマ娘であり、またはじめて自分の夢を肯定してくれた相手となった。

故に、深々案内のお礼をして別れ際に手を振ったくらいではスペシャルウィークの気が済まず、彼女はトレセン学園への入学までずっと彼女のことを考える。
可愛かったし賢そうだったなあ、おしゃれな感じもしたなあ、身体がしっかりしてたし速そうだった。友達になってくれるかな、ライバルにもなるのだろうけど、仲良くなりたいな。

「スペ。そんなにぼうっとしちゃって、あんた何考えてるんだい?」
「えーと……――ちゃんのこと」
「都会で出会ったウマ娘か……よっぽどませた子だったのかねぇ、心奪われちゃって、まあ」
「うーん……」

そんなこんなを空を見上げてつらつらと。
育て上げた娘のまるで同性に恋でもしてるような様子に、お母ちゃんも呆れてしまうが、しかし農作業を行う手は止まっていない。
上の空で怪我しないかは心配だが、まあ大丈夫かと思い親に生暖かい親の視線を存分に受ける娘だった。

「また、会えるの楽しみだなあ……」
「相手は学園に居るんだから会えるさ。ただ、それまでにはシャンとしとかないと、恥かくよ?」
「えっと、それってどういうこと?」
「そりゃ、憧れているだけじゃ、ダメってことさ。スペだって、その子にいいとこ見せたいだろ?」
「あ……そうだね……よーしっ! トレーニングも頑張んなきゃ!」
「ふふ……その意気だよ」

だが、二人目のお母ちゃんのそんな発奮の言葉に、スペシャルウィークは純粋にも燃え上がる。
もうスペシャルウィークが手伝うことは当分ないからと、これから少しずつ潰していく予定の人参畑の片隅。
その中で、どろんこになりながら、日本一という意味すら考えずにそれを目指している純粋無垢な少女は、はじめての相手にも夢を見て、空を見るのだった。

「わっ、綺麗な青空!」

そしたら当然、青のグラデーションの空に陰りなんて一つも見当たらずに、どこを望んだところで快いばかり。
きっとあの子も同じ空を望んでいるのだろう、そして私と同じ気持ちになっていて。それはとても嬉しいことだなと少女は想う。
だから、この後のお母ちゃんとの坂道トレーニングにおいても笑顔が続いたのは彼女にとって当然で。

「楽しみだなー」

そんな想いに揺れるくすぐったい心地は、スペシャルウィークがトレセン学園に向かう頃合いになっても続いたのだった。

 

「あ、府中駅だ……降りないと!」

改めて語るまでもなく、スペシャルウィークというウマ娘はお母ちゃんのすすめで一度トレセン学園に向かったことがある。
故に、ドジな彼女だって最寄り駅を間違えるようなことはなかったし、また門限を忘れてフジキセキに呆れられるようなことも起き得なかった。
予定していた六時どころかちょっと早めの四時には学園に到着していて、迷子に注意しながら周囲をぶらつくことすらしている。
だから、彼女は当然のようにこのバレンタインの日に誰かと運命的な縁を結ぶことはなかったのだった。

「えっと、こんばんは! 寮長さん!」
「ふふ、こんばんは。ちなみに、寮長、ではあるけど私はフジキセキと言うよ?」

そんなことなどつゆ知らず、スペシャルウィークは寮へとやってきて、まずは挨拶。
表情朗らかにもニコニコしながら、寮長の彼女へと向き合った。

「そうですか……よろしくお願いします、フジキセキさん!」
「そうだね。これからよろしく、ポニーちゃん」
「えっと、ポニー?」
「さ、ここで立ち話もなんだし、ちょっと応接室まで付いてきてくれるかい?」
「あ、はい!」

入り口隣の部屋へと先導する自分に、ちょっちょこ付いてくる転入生。彼女は、どうにも耳に尻尾にふりふり嬉しそうだ。
フジキセキの視点からすると、スペシャルウィークは初日から問題を起こすどころか、むしろその生真面目な言動から優等生的な生徒かな、と思ってしまうくらいの評価。
ちょっと固いが可愛らしいポニーちゃんだな、と素直に思う。

「さあ、座って」
「はい! わあ、ふかふかだぁ……」
「ふふ」

だから、というわけでもないが学園から(理事長直々に)言付けされた、ウマ娘を見たことすら殆どないらしいから様子をみてあげて欲しい、との言葉にフジキセキは当然のように従うことにした。
緊張をほぐすためにも手始めに、ウィニングライブのためにまだ帰ってきていない同室予定の彼女の話でもしてみようかなと、思って口を開く。
きっと、天皇賞を獲ったウマ娘と同じ部屋と知れば嬉しいだろうし、更に優しいところなどを教えてみれば安心するだろうと思い。

だが、その予定は話し始めに混ざった一つの雑音の闖入によって、狂うのだった。

「それで、改めてスペシャルウィーク。たしか、生家は北海道だったね。君はきっとトレセン学園には、はじめて来たのだろうけれど……」
「あ、それは違います! 一度見学に訪れたことがあります!」
「ああ、そうなのか。二度も遠路はるばる、大変だったかもしれないけれど……それならひょっとしてここの誰かと顔を会わせたことはあるかな?」
「それは――ちゃん……いえ――――さんというウマ娘になら会ったことがありますけれど……」
「なるほど。彼女はここ栗東寮にいてね……丁度良かったかな、呼んできてあげようか?」
「えっ! 私あの子とおんなじ屋根の下で……えっと、どうかよろしくお願いします!」
「ふふ、そんなに畏まらなくていいよ、ポニーちゃん。流石にこの時間は暇しているだろうから、それじゃあ連れてくるよ」
「わぁっ!」

連れてくると言った途端に先の綺麗が蕾だったのだと分かるくらいの、満面の笑みが花開く。
スペシャルウィークのその様子を見て、フジキセキは予定を変え同じクラスを予定している彼女と話させた方が安心には効果的だろうと確信した。
そして、トレーナーがついてこの頃は門限破りの練習も、夜な夜な寮から抜け出すことも減ってくれた、静かなる問題児を引き連れに、彼女は待っててねと応接室から去るのである。

「うう、私変な格好じゃないかな? もっとおしゃれしてくれば良かったかな……」

さて、一人部屋に残されたスペシャルウィークは大変だ。
再会の喜びと不安。そして何故か自分が彼女に釣り合えるかどうかすら気にして、しきりに髪やら裾などを弄りだす。気は漫ろで、一分一秒が遠い。
それは、正しく恋しい相手を待つ女の子の様子であったが、幸いにもそれを目撃するものなどいなかった。

でも、だから五分きっかり後に部屋に入ってきた――――を見つけた彼女は、緊張のあまりドジをやらかすのである。

「失礼します」
「――ちゃん、久しぶり……って、わぁっ!」
「っと」

実は、運動神経の良いはずであるスペシャルウィークは何故か何もないところでよく脚をもつれさせて転んでしまう悪癖があった。
また、今回はド緊張という悪条件があったため、最早当たり前のように彼女は転んでしまう。
ああ、また私は硬い地面にちゅうする羽目になるのかと思わずスペシャルウィークが強く目を瞑ったところ。

反して顔に柔らかなぽよん、という感触が。恐る恐る顔を上げてみるとそこには。

「大丈夫? ……スペちゃん」
「わ、わわ……」

真正面に愛おしい彼女が自分を心配げに見つめていた。まつげの一つ一つすらうかがえる近距離に、吐息すら感じられそうで。
思っていたより大きかったクッションからガバリと顔を上げたスペシャルウィークは。

「ご、ごめんなさーい!」

ドジの結果胸元にダイブしてしまった――――に頭を下げて謝ったのだった。

「ん、気にしないで」

すっごく柔らかかったなあ、と自分の胸元に付いている巨きなものを忘れて感想を覚えるスペシャルウィークに、さらりとそう告げる――――。
抱きつかれて平常って、ちょっとは気にして欲しかったな、と思う彼女も、しかし彼女の顔を見上げて、ほのかに紅くして。

「えっと、改めてよろしくね、――ちゃん!」
「ん。よろしくね、スペちゃん」

ここではじめて、表情を崩す――――。悲しんでいるのが当たり前な彼女のどうしてだか、得意な上等な笑顔。
容姿の幼さから、愛らしいと捉えられがちのそれを間近で受けたスペシャルウィークは、しかしそれに頼もしいものを見つけて。

「んーっ、良かった、――ちゃんと一緒で!」
「わ」

今度は自分の心に従い、彼女に身を預けてその柔らかさを味わい。
スペシャルウィークは――――との再会を抱擁で喜んだのだった。

 

「ふぅん……なるほど、そういう手があったんだねー……セイちゃん、勉強になったなあ」
「全く、ドジな転校生ね! あと距離が近過ぎるわ!」
「でも、――ちゃん、凄かったデスよー! あの子が転びそうになったら瞬時に支えて……瞬間移動かと思いましたー!」
「あれは縮地という、ただの超短距離の歩法ですね……ウマ娘にはあまり必要のない技能です。でも、ふふ。スペシャルウィークさんと言いましたか……決して彼女は渡しませんよ?」
「わ、皆どうしたのー? 何か面白いことでもあったのー?」

「キミたち……いつの間に集まってたんだい?」

わいわいがやがや。実は応接室の周りは賑やかに、そんな二人の様子を見つめていたりしていた。

 

「あら? ……ふぅん」

そして、ライブ帰りに遅く帰ってきた彼女もまた、偶に抱き合う二人を見て取って。

「不釣り合い、ね……」

冷静にそのばってんにぺけを付けるのだった。


前の話← 目次 →次の話

コメント