私たち

モブウマ娘 それでも私は走る

朝露に、草木が濡れている。それは涙の程には見えないけれども、どこか悲しげな光景ではあった。
それを気にしながらも、しかし少女は芝を強く強く踏みつける。走るために、駆け抜けるために。
朝早くから芝生を散らかしているのは、――――という、ウマ娘。焦燥によってろくに眠れず彼女は毎朝誰よりも早く、誰に勝ることもなく駆け続けていた。

「はぁ……はぁ……」

息が荒れて、胸が痛い。身体は鉛が詰まっているよう。こんなの辛くて、辛くて、楽しくなかった。
でも、そうであったところで、頑丈な足は動く。ならば、前へ。そう思った――――は、無理を続けようとして。

「はい――さん、そこでストップよ」

そんな全てを睥睨していた王によって、停められるのだった。

 

キングヘイローは、――――の同室のウマ娘である。
そして、栗東寮の中でも誰にだって親しいハルウララを除けば、キングヘイローこそが――――のことを一番に理解していた。

『あなたが、私のルームメイト?』
『ええ、そうよ』

最初、キングヘイローは、――――をひと目見て、ずいぶん可愛らしい少女だと思ったものだ。
きっと、――――の持ち物であるその大粒の瞳が幼さを演出していたからだろう。小さなお下げ髪もまた、愛らしさを覚える一因だったかもしれない。

『ふぅん……』

しかし、その次に相手の身体を見たキングヘイローは、その鍛え上げられた肉体に感じ入るのだった。
優しげな顔と違って、スカートから覗く脚は随分と逞しく、なるほどこれはトレセン学園に入学できるだけはあるのだろうと、勝手に理解した。
だが、そんな値踏みするかのような視線に、――――は苦笑い。彼女はこれから自分を負かすのだろう相手に向けて、手を伸ばすのだった。

『これから、よろしく。私は――――』
『――――さん、ね。ええ、よろしくお願いするわ。私の名前はキングヘイロー、気軽にキングとお呼びなさい!』
『キングか……うん。分かったよ』

握手。繋がれた手の平にはにかんで、――――はそう返した。
作られた笑窪が、深く。そんなどこか幼気ですらある笑顔を見たキングヘイローは。

『おーっほっほ! 一流のウマ娘たるキングと同部屋になれたこと、誇りに思うと良いわ!』
『はは……そう、だね』

笑顔が似合う子だな、と思ったのだった。

 

早朝に過ぎるほど明け方の頃の練習。それに毎度付き合う程、キングヘイローは暇ではない。
だが、少しツリ目のキツそうな印象に反して呆れかえるほどに、彼女には情が溢れていた。
だから、同室、いいや友達である――――が、毎日毎日身体をいじめていることが許せない。
今日も、無駄にも見える少女の努力を眺め続けて、そうして何時ものようにキングは断じるのだった。

「全く。――さんは、無茶し過ぎよ! トレーニング強度の管理一つ出来ずに一流になれると思って?」
「……ごめん、キング」
「謝るくらいなら、自ら途中で止めなさい。貴女はスタミナはたっぷりあるのだから……こんなただ量をこなすばかりのトレーニングをしても……」

語りかけながら、どこか湿った辺りに相似しているかのように頭を垂れている――――に、キングヘイローの語気も静まっていく。
確り、聞いてくれているのは分かる。でもこれじゃあまるでいじめているみたい。
そんなつもりは更々なく、ただ心配ばかりをして胸を痛めている優しい王様は、つい黙して言葉を待ってしまう。
――――は、言った。

「本当にありがとう、キング……でも、駄目なんだ」
「ダメ?」
「うん。私は。――――という存在は、ただ頑張っているだけじゃあキミたちには追いすがることも出来ない」
「それは……」

再び、少女は押し黙る。
キングヘイローは、知っていた。自分は多少存在を感じるばかりのウマソウル。それを――――という少女は、記憶も丸ごと受け容れてしまっているのだということを。
異世界の、なにかの魂。それを本当の意味で受け継いでしまっている――――。だが、そんな彼女は特異なだけで才能なんてものはなかった。
故に、自分を一流だと思い、それを心より信じたいキングヘイローは、自分と――――との間にある断絶を悲しいくらいに理解している。

「っ」

優しさにかけたくなった言葉を飲みこむ、王様。
見込みがない努力を続ける者の理解を、天上に近いものはどうやったってすることができない。だから、きっと口から出るのはどれも的外れになって、傷つけるばかりに違いなかった。
だから、何も言えない。

――――は、足が長い。そして、筋が太くて柔らかかった。しかし、それがどうしたというのだろう、ウマ娘の加護とも言える大本が弱い彼女は、どんなに頑張ったところで、優れない。

上手な走りで遅く駆ける少女を見て、キングは思う。この子は、大成しないだろう。そう、分かってしまう。
だが、そんなこと、足踏みを続ける自らの記録を見つめ続けた――――こそが、一番分かっていた。だから少女は笑わず真剣に、言う。

「奇跡が起きなければ、私は勝てない。でも、奇跡を座して待てるほど、私は大人しくもなくてさ」

聞き、そこでキングヘイローは理解する。
さっきまで行っていたそれは、訓練ではなかった。むしろ、それは祈り。願いをかけて、ただ真摯に――――は、走りに向き合っていたのだ。

「だから、無駄とわかっていても……それでも私は走るんだ」

ハムスターの空回りが幾ら滑稽でも、彼らにとって、それは楽しみ。しかし、ただ苦しいばかりの空回りを続ける心根は、果たして。

思わず彼女が作ったそんな辛く、似合わない苦しげな笑顔を見て、誰より優しい王様は。

「おーっほっほ!」
「わ」

笑い飛ばした。

哀しい。とても、悔しい。だって才能という名の怪物は、たやすく心を踏み荒らすものだから。そして、それを自分も持ってしまっている。
だから、きっと――――がキングヘイローという光の近くにいるのはとても辛いことなのかもしれなかった。

でも、それがどうした。
私は貴女の隣にいれなくても、それでも前にて道を示すことは出来るのだから。
王は、――――の未来の栄光を体現するために、輝かしい笑顔を見せるのだった。

「このキング……貴女の走り、決して無駄にはさせないわ! 貴女の前にて、私は誰より速く駆け抜けてあげる! だから!」

競走という場に、仲良しこよしは似合わない。
本当ならば、ただバチバチにぶつかり合うのが正しいのかもしれない。
でも、そんなこと、はしたないと思う心がキングヘイローにはあった。
そして、少女の敗北を連れていけるだけの、器も彼女にはあったのだった。

だからこう、言い切れる。

「貴女が負けても、《《私たち》》の勝ちよ」

そして浮かんだ泥の王の、凄絶な笑みを見て。

「ありがとう」

泥中の一欠片は、ようやく正しい笑顔を返したのだった。

 

 

世界は、美しき同じ轍を踏む。悲劇も喜劇もどうでもよく、彼らの魂の輝きこそが喜ばしいから。

だから。

「――――どうして、どうしてよっ!」

ノイズの少女の重し一つなんかで、王の運命は何も変わりはしない。

「ああ……」

そしてきっと、それは彼女も。


前の話← 目次 →次の話

コメント